松林の中を歩いて
あかるい気分の珈琲店をみた。
遠く市街を離れたところで
だれも訪づれてくるひとさへなく
林間の かくされた 追憶の 夢の中の珈琲店である。
−萩原朔太郎『閑雅な食慾』より−



Menu

コーヒーカンタータ

いらっしゃいませ
息抜きにコーヒーでもどうぞ


HOMECONCERTLESSON|COFFEE| LINKMAIL

inserted by FC2 system